葬儀会社ご紹介の運用実績16年!日本で最大級のお葬式情報を網羅する安心と信頼の葬儀情報サイト

サイトマップ会社概要

安心できる葬儀ガイド - 葬儀会社紹介実績16年

用語読みがな意味
大練忌だいれんき七七日
逮夜たいや忌日の前夜を指す。
高坏たかつき果物や菓子等のお供え物を乗せる台。
荼毘だび火葬の事。パーリ語のジャーペータが語源。
棚経たなぎょうお盆の季節に菩提寺の僧が壇家に来てお経を読む風習。お盆の時に飾る棚を精霊棚と呼ぶことから来ている。
達磨忌だるまきインドから中国に渡り少林寺で坐禅を9年間行い悟りを開いた僧侶で禅宗の創始者である。10月5日が忌日なのでこの日に禅宗各派は法要を行う。
玉串奉奠たまぐしほうてん1.祭司から榊を渡されたら枝を右手で持ち、枝の先を左手で持って一礼する。2時計回りで右手で穂先、左手で枝に持ち替え祭壇の方に枝を向ける。③祭壇に供える。
壇弘忌だんこうき六七日
大祥忌だいしょうき三回忌
茶湯器ちゃとうき先祖に供する閼伽(あか=茶、水、湯)をいれる。
手水の儀ちょうずのぎ神式の葬儀では始める前に桶に入っている水で手と口を洗い清める作法。三度に分けて行う。
通夜ふるまいつやぶるまい通夜式終了後弔問者、手伝い、親族等に料理、飲み物(アルコール類)をふるまう習慣。
通夜祭つやさい神道の場合の、仏式の際の通夜。
天蓋てんがいご本尊、導師等の頭上にかざすもの。
灯明とうみょうご仏前にともす灯を指す。常に灯すのが最良であるが、消す際は口で吹いて消してはならない。
導師どうし葬儀の時主となって故人に引導を渡す僧侶。
読経どきょう声を出してお経を唱える事。読経をする際は必ず経本を見ながら行う事。
友引ともびき六曜のひとつで葬儀の際は友を引くとかで嫌がられる。友引の日に葬儀をする場合、地方によっては棺に人形を入れて葬儀を行う。

葬儀のお役立ち情報

お葬式の知識

葬儀用語辞典

仏教宗派辞典

各種早見表

写経