葬儀会社ご紹介の運用実績16年!日本で最大級のお葬式情報を網羅する安心と信頼の葬儀情報サイト

サイトマップ会社概要

安心できる葬儀ガイド - 葬儀会社紹介実績16年

真言宗の索引
【空海(弘法大師)の生涯】
【空海の教え】
【真言宗の教典】
【高野山真言宗総本山】
【真言宗の本尊】
【伝持の八祖】
【十住心論(じゅうじゅうしんろん)】
【真言宗の諸派】
【真言宗の行事】
【真言宗の寺院数】
【真言宗の信者数】
【真言宗の名刹】
弘法大師像大日如来不動明王
【空海(弘法大師)の生涯】
誕生
宗祖空海(弘法大師)(こうぼうたいし)は西暦774年6月15日讃岐の国(香川県)に父佐伯直田公善通(さえきのあたいたぎみよしみち)と母玉依御前(たまよりごぜん)との間に生まれました。幼名は真魚(まお)と命名されました。

少年時代
少年時代は国学で勉強し15歳のときに都へあがります。18歳のとき、長岡京の大学に入学しましたが、一人の僧侶に出会い「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじのほう)」を教わり仏教の道に志し、修業の道に入りました。そして、密教の根本教の一つの大日教を発見し、24歳の時「三教指帰」(さんきょうしき)を著しました。その後唐に渡るまでの7年間は四国を中心として全国で厳しい修行を行い難解な大日経を追求しましたが困難であったため唐に渡る決意をしました。

遣唐使
西暦804年4隻の遣唐使船で最澄と同時に唐に渡りました。苦難の末現在の福建省に到着し、陸路で長安に着きました。
唐では僧永忠に教えを受けたが、その後、密教の権威である恵果阿闍梨(けいかあじゃり)に師事し並み居る弟子を指し抜いて胎蔵界(たいぞうかい)(=大日教)と金剛界(=金剛頂教)の二つの密教のすべてを受け継ぎ、密教のすべての教典、法具を取得し、遍照金剛(へんしょうこんごう)と言う灌頂名を授けられました。

帰国
20年の予定で渡った空海はわずか2年で密教の全てを所得師、西暦806年帰国した。
空海は唐から持ち帰った教典を「請来目録」(しょうらいもくろく)をし、嵯峨天皇に献上されました。高雄山寺を賜った空海は、当時仏教界の第一人者である最澄に対しても灌頂を行っている。

弘恵果阿じゃ梨より授かっ金銅錫杖
高野山
そして、816年に嵯峨天皇の後ろ盾で高野山に金剛峰寺を建立した。これが真言宗の総本山である。空海の教えは密教を基本としており、密教は「大日如来」と一体となって修行することにより行きながら仏となれることを説いた。これが空海の説いた「即身成仏」(そくしんじょうぶつ)である。

東寺と学校
西暦823に東寺(=教王護国寺、きょうおうごこくじ)を天皇から賜り鎮護国家祈祷の根本道場とし、天台密教の台密(たいみつ)に対し真言密教を東密(とうみつ)と言った。また当時の学校は貴族クラスでないと入学できなかったが、空海は庶民が勉学することが出来る初の学校を開いた。綜藝種智院(しゅげいしゅちいん)と言う学校である。

土木工事
その後、讃岐の国に満濃池という溜池があったが、毎年堤防が切れて洪水が起こっていた。天皇の勅を受け土木工事を行い、わずか3ヶ月という短期間で完成させた。現在でも全く問題なく使用しているとのこと。その他にもいくつかの土木事業を行い能力を発揮している。

八十八ヶ所霊場
また、弘法大師は人民の救済と社会事業のため全国を行脚し人々のために働きました。特に唐に渡るまでの7年間は四国を中心として修行し、霊場を開創しましたがその後、現在の『四国八十八ヶ所霊場』に発展し現在に至っています。霊場巡りも毎年数十万人の老若男女で賑わっています。霊場は大きく4つに分けられています。

1.阿波の国=徳島県(発心の道場)第一番から第二十三番

2.土佐の国=高知県(修行の道場)第二十四番から第三十九番

3.伊予の国=愛媛県(菩提の道場)第四十番から第六十五番

4.讃岐の国=香川県(涅槃の道場)第六十六番から第八十八番
薬師如来
【空海の教え】

密教以外の仏教では死後極楽浄土に生まれたり、数々の修行を行って仏にされると教えているが、密教では正しい修行を積めば、あらゆる人がこの身このままで仏になれると言う「即身成仏」を説いている。

密教経典によると、人の日常の行為やは全て身、言葉、心の三つですごしている。これを「三業」という。この三業を密教では「三密(さんみつ)」といい成仏(じょうぶつ)の方法を具体的に説いたもので、行者の手に印契(いんげい)を結ぶ身密、口に真言とか陀羅尼を唱える口密、心を三摩地(さんまじ=精神が統一された状態。三昧(さんまい)ともいう)に置く意密、この三種の秘密を一体化させるのが三密の行である。

また、密教の教えは宇宙の真理である大日如来の教えであるから真理を追究することは人間の能力では理解することはきわめて困難である。ところが密教以外の教え(=顕教(けんぎょう))は衆生を救うために仏が人間と成ってこの世に現れた釈尊の説かれたものであるから理解はし易い。

弥勒菩薩

密教の秘密には次の二つがある。「衆生秘密」と「如来秘密」である。「衆生秘密」は人は仏になれる能力があるのに、そのことに気づかず、自分で隠してしまっていると言う秘密。「如来秘密」は、釈尊の教えは仏が化身して人に生まれ変わったものだから、相手の宗教的な素質に対応した内容で説いているから理解がし易いが、大日如来は仏の言葉でしか話さないからきわめて難解であると言う秘密。

【真言宗の教典】
大日経(だいにちきょう)
金剛頂経(こんごうちょうきょう)
蘇悉地経(そしつじきょう)
瑜祗経(ゆぎきょう)
要略念誦経(ようりゃくねんじゅきょう)
菩提心論(ぼだいしんろん)
釈摩訶衍論(しゃくまかえんろん)
大日経疏(だいにちきょうしょ) 金銅八角輪宝
【高野山真言宗総本山】
高野山金剛峰寺
西暦816年嵯峨天皇の許しを受けて建立。
ホームページ http://www.koyasan.or.jp/
【真言宗の本尊】

真言密教は大日如来を中心に東西南北にそれぞれ阿 如来(あしゅくにょらい)、阿弥陀如来、宝生如来(ほうしょうにょらい)、不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)が配置されている五智如来が有名である。その他様々な如来(正しく悟りを開いた姿)、菩薩(悟りを求めて修行している姿)、明王(大日如来の使者)、天(インドの神々)が存在しているが、いずれにしても大日如来が仏の教えを説くために姿を変えて現れたものである。
大日如来(=摩訶毘慮遮那仏)
密教の宇宙観の真理をあらわした根本仏。胎蔵界と金剛界によって密教の世界を示している。胎蔵界大日如来は法界定印(右図)を結んでいる。金剛界大日如来は智拳印(右 図)を結んでいる。

阿 如来(あしゅくにょらい)修行者の菩提心を持つ意欲を保たせてくれる。
阿弥陀如来(あみだにょらい)極楽浄土の主。南無阿弥陀仏と唱えると死後極楽浄土で生まれ変われる。
宝生如来(ほうしょうにょらい)
不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)
釈迦如来(しゃかにょらい)
弥勒菩薩(みろくぼさつ)
その他
【伝持の八祖】

密教を広め、密教を守ってきた八人の高僧。

1.龍猛菩薩
(りゅうみょうぼさつ)
大日如来の弟子から密教の経典をこの世に伝えた。
2.龍智菩薩
(りゅうちぼさつ)
龍猛から密教の教えを受け継いだ。
3.金剛智三蔵
(こんごうちさんぞう)
「金剛頂経」を唐に伝えた。
4.不空三蔵
(ふくうさんぞう)
西域生まれ。金剛頂経を漢字に訳した。
5.善無畏三蔵
(ぜんむいさんぞう)
インドで生まれ唐に入り大日経を伝えた。
6.一行阿闍梨
(いちぎょうあじゃり)
空海の師でもある善無畏の弟子となり「大日経疏」をまとめた。
7.恵果阿闍梨
(けいかあじゃり)
空海が唐に留学中に金剛界、胎蔵界の密教を弘法大師に伝えた。
8.弘法大師
(こうぼうだいし)
恵果より密教の奥義を伝授し日本で真言宗を開いた。
【十住心論(じゅうじゅうしんろん)】

密教は曼陀羅(まんだら)を説く教えであるが、秘密である。空海の真言密教をあらわしたものが「秘密曼陀羅十住心論(ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん)」である。ここで空海は、真言の修行を行う者の心の発達段階を十段階に分類し、仏性を開顕する事を説いたものである。これが秘密荘厳(ひみつしょうごん)即ち曼陀羅の世界である。

第一住心:『異生羝羊心(いしょうていようしん=倫理以前の世界)』
雄羊のように性と食のことだけに執着している動物的な心。
第二住心:『愚童持斎心(ぐどうじさいしん=倫理的世界)』
殺すなかれ、盗むなかれと言った仏教倫理、良心の芽生えに移るレベル。
第三住心:『嬰童無畏心(ようどうむいしん=宗教心のめざめ)』     
宗教世界について一歩開眼した状態。
第四住心:『唯蘊無我心(ゆいうんむがしん=無我を知る)』
無我の教えを持っている心の段階。
第五住心:『抜業因種心(ばつごういんじゅうしん=おのれの無知を除く)』
迷いの世界を脱し悟りを得られるようになった状態
第六住心:『他縁大乗心(たえんだいじょうしん=人々の苦悩を救う)』
大乗仏教の心が起きる状態。
第七住心:『覚心不生心(かくしんふしょうしん=一切は空である)』
迷妄を断ち切り心が静まり空の世界に達した。
第八住心:『一道無為心(いちどうむいしん=すべては真実である)』

第九住心:『極無自性心(ごくむじしょうしん=対立を超える)』

第十住心:『秘密荘厳心(ひみつしょうごんしん=無限の展開)』
無限無量の曼荼羅の世界に達した状態。
【真言宗の諸派】
高野山国宝金剛三昧院多宝塔
1.東寺真言宗
総本山教王護国寺(=東寺)
2.真言宗善通寺派
総本山善通寺
http://www.zentsuji.com/
3.真言宗醍醐派
総本山醍醐寺
http://www.daigoji.or.jp/index3.html
4.真言宗御室派
創 立
総本山仁和寺
http://www.ninnaji.or.jp
5.真言宗山科派
総本山勧修寺(かじゅうじ)
6.真言宗泉涌寺派
総本山泉涌寺(せんにゅうじ)
7.真言宗豊山派
総本山長谷寺
http://www.hasedera.or.jp/
豊山派http://www.buzan.or.jp/
8.真言宗智山派
総本山智積院
http://www.chisan.or.jp/sohonzan/
9.他多数
【真言宗の行事】
修正会(しゅしょうえ)(1月元旦~)
新春を祝い、ご本尊や宗祖に法楽を捧げる正月の法会で世界人類の平和と幸福、仏教の興隆を祈る行事。

後七日御修法(ごしちにちみしゅほう)(1月8日~14日)
今上天皇の御衣加持を中心として玉体安穏、天下太平、天長地久、五穀豊穣を祈る行事で各宗派の管長クラスが集まって行います。

常楽会(=涅槃会)(じょうらくえ=ねはんえ)(2月15日)
お釈迦様の入滅の日にちなんで釈迦入滅図を飾りお釈迦様に感謝をする。

正御影供(しょうみえく)(3月21日)
宗祖弘法大師の命日にちなみ弘法大師の音得を感謝する。また、毎月21日は月並影供が全国で催している。

彼岸会(ひがんえ)
春分の日と秋分の日のお中日を挟んで前後三日間行われる法会。お彼岸と呼ばれていてご先祖様を敬いお仏壇にお供えをしたり読経等をしてご先祖様の供養をする。

仏生会=花祭り(4月8日)
釈尊誕生仏に灌仏する法会で甘茶をかけ、花でまつりお祝いをする。

宗祖弘法大師降誕会=青葉祭り(6月15日)
弘法大師の誕生日に誕生仏を飾り祝う法会。
【真言宗の寺院数】
13,000寺
【真言宗の信者数】
13,000,000人
【真言宗の名刹】

お葬式の知識、お葬式のマナー、葬儀社の検索、法要、年忌法要、仏壇、墓石、葬儀用語、四国八十八ヶ所巡礼、相続等を葬儀、法要に必要な仏事の情報、知識をイラストで分かり易く説明しております。

葬儀のお役立ち情報

お葬式の知識

葬儀用語辞典

仏教宗派辞典

各種早見表

写経