葬儀の事前相談・準備について

24時間365日対応 早朝・深夜でもお電話ください

通話
無料
0800-000-2449

お葬式をお考えなら

総額14.7万円でできる心のこもったお葬式
さまざまな有名メディアに紹介されています

葬儀の事前相談・準備について

葬儀・お葬式に役立つ情報を詳しく解説します

■事前相談で葬儀の準備をする

故人との最後のお別れとなる葬儀(お葬式)は、とても大切な儀式です。故人を偲び心をこめてお見送りをするためにも葬儀の事前相談・事前準備はとても重要な役割を持っています。
ご葬儀は突然起こることでもあり、なかなか情報を集める機会がないため、いざというときに慌てたり、不安になったりする方が多くいらっしゃいます。事前相談・準備はそうした不安を解消するのに、とても有効です。

昔から葬儀の事前相談・準備はありました。病院に入院している家族のために、事前に葬儀の相談をし、準備を執り行いご予約をするというケースが多くを占めていました。しかし、このような葬儀の事前相談・準備はごく稀なケースと言えます。実際には、葬儀の事前準備の経験のある人は少なく、葬儀を執り行う段階になり葬儀会社を選ぶというのが一般的です。死や葬儀に対するタブー意識は根強く、不謹慎だと思う人が多いのが現実問題としてあるようです。
しかし、このような風潮が最近ではマスメディアの影響もあり、変化をしています。
昨今話題の「生前予約」では、大切な家族のために負担を軽減させたい、という思いからご自身の葬儀の事前相談をする方も増えてきています。また、高齢化社会にともない、ご家族への愛情表現のひとつとして、生前予約をするために葬儀の事前相談・事前準備をする方も増えてきています。

死を目の前にして慌てないためにも、事前相談というのは必要不可欠なものになってきているのです。死は決してタブーではありません。人は生を持ちながらも死にむかい歩いているのです。自身の最後・家族の最後をどうするか、華を持ち、花を添える葬儀を決めるのが生前であることは、決して悪いことではないのです。

■葬儀(お葬式)の事前相談のメリット

  • ・早めに相談して不安を解消することで、いざという時に落ち着いて行動できます。
  • ・故人や遺族の意思を反映した、希望に合った葬儀を行うことができます。
  • ・事前に予算の把握が可能となります。

葬儀会社との事前相談では、実際に執り行われた葬儀の例等を参考にしながら、細かな点までご相談できます。相談前は、白紙状態の葬儀も事前相談を行うことで、葬儀のイメージができあがっていきます。事前相談では、火葬場や葬議場の選択も可能ですから、自身又はご家族のご希望の葬儀を執り行うのは、どの火葬場・葬議場がいいのか明確になっていきます。具体的なものが決まれば、予算も必然的に明確になり、大よそのプランが出来上がります。
事前相談は、切羽詰った葬儀ではないため、心に余裕もあります。じっくりと検討する時間があることは、快適な葬儀を執り行うことができるためにも必要な準備となるのです。

■葬儀(お葬式)の準備

会葬者の予想人数から葬儀の規模を決め準備をする

葬儀の規模は、会葬者の人数で決まります。故人(又はご自身)の社会的地位、交際範囲、遺志(意思)、経済状況などを考え合わせて葬儀の準備をしていきましょう。
会葬者の人数が多いと規模も大きくなりますので必然的に大きい場所が必要となり、葬議場を選ぶ基準にもなります。会葬者の人数は、葬儀を知らせる範囲を絞り込むことで調整ができます。世間体を気にして、経済的に無理をしてまで葬儀(お葬式)の規模を大きくする必要はありません。また、逆にご親戚などに遠慮して、必要以上に規模を小さくする必要もありません。
経済的な面を考慮し、分相応である葬儀から規模を決めることがよろしいでしょう。

葬儀の形式(宗教、もしくは無宗教)の選択し準備をする

日本人の約9割が、僧侶の読経を伴う仏式で葬儀(お葬式)を行っています。仏式の葬儀では、菩提寺がある場合は必ずそこに連絡し、ない場合は葬儀会社に相談して僧侶に読経を依頼することになります。
仏式でも宗派は色々あります。各ご家庭での先祖代々の宗派がある場合もありますから、事前準備をする際、確認が必要になります。
仏式以外では、神道式(神葬祭)、キリスト教式、また無宗教で行う場合もありますので、葬儀の準備ではどの宗派であるかをキチンと決めておきましょう。

葬儀までの遺体を安置する場所を決めておく

現在、8割以上の人が病院でお亡くなりになります。その病院からどこに遺体を運ぶかを決めておきましょう。
主な遺体の安置場所としては、自宅か、葬儀会社などの遺体安置所になります。一般には自宅に連れて帰り、家族と最後の時間を過ごします。家が狭くて安置できない場合や、亡くなったことを近所の人に知られたくない場合などは、葬儀会社などの遺体安置所に搬送します。
葬儀を執り行う場合、一番に執り行うのがご遺体を移動する手段になります。葬儀の準備の段階で、ご遺体の搬送を決めておくことで、後の葬儀(お葬式)がスムーズに執り行えるといえます。

葬儀を行う場所、葬議場を決め準備をする

自宅でお葬式を出す人は年々減少しています。自宅以外では、公営斎場、民営斎場や寺院、各自治体の集会場などがあります。葬議(お葬式)を行う場所を決める基準は、葬儀の形式や規模、予算などによって選んでいきます。葬儀の準備で葬儀をどこで執り行うかを決めておくと、ご予約の際に迅速に対応できます。葬議場のご利用・火葬場のご利用の各手続きについてもご相談の葬儀会社との事前相談で把握しておき、葬儀の準備を整えておきましょう。

葬儀(お葬式)の内容(こだわりたいこと)を考え準備をする

最近は、形式や世間体を気にしたお葬式より、故人らしい葬儀を行う傾向が強くなってきています。
祭壇を、故人のイメージや趣味を花で再現したり、故人が好きだった花を使う花祭壇にする花葬儀。故人の愛した音楽を流す音楽葬。宗教にこだわらない無宗教の葬儀(お葬式)など、葬儀の内容は多様化してきています。こだわりたいことがあれば明確にしておき、ご希望の葬儀に対応できる葬儀会社に事前相談を行い、葬儀の準備を進めていきましょう。

葬儀にかける予算を決め準備をする

葬儀にかかる費用は一般的に、葬儀一式費用、飲食接待費用、寺院(宗教関係)への費用、香典返しなどに分けられます。ご家庭の経済状況や会葬者の人数、葬儀の規模などを考慮に入れて、無理のない予算を立てていきましょう。葬儀会社との事前相談で細かな部分の費用まで見積もりを立てていただき、葬儀費用の把握をしておくことで、時間がある場合であれば、葬儀費用を貯えておくこともできます。

葬儀会社を選び依頼する葬儀会社を決める

いい葬儀を行うためには、規模が大きい小さいにかかわらず、いい葬儀会社を選ぶことが大切です。多様化する数多い葬儀会社の中から、短時間で依頼する葬儀会社を選ぶことはとても難しいものです。事前に葬儀会社の形態や特徴を調べて、担当者と事前相談しておくことで、より良い葬儀が行えます。

■葬儀の事前相談・準備の手始め

広告規制など消費者が守られている傾向もありますが、現状において葬儀業界では、各社が様々な情報を発信しています。周囲に聞いたことが必ずしも正しいとは言い切れません。また、インターネットの普及により、検索をして得た情報が全て正しいとも言い切れません。
葬儀の事前相談をどの葬儀会社で行うか、準備をどこの葬議会社に依頼するかを決めるのは、個人のお力では限界があるでしょう。

安心できる葬儀ガイドでは、葬儀の事前相談をご希望の方にも適切な葬儀会社をご紹介しております。
葬儀会社によっては、事前相談が不可能であったり、生前予約を行わない葬儀会社もありますので、それらをしっかりと把握し、ご相談者様に適切な葬儀会社をご紹介してまいります。

安心できる葬儀ガイドでは、納得のいくご希望の葬儀を執り行うためにも事前相談をお勧めいたします。お時間に余裕があるときにでもお気軽にお問い合わせください。葬儀一般に関するサポートをいたします。ご紹介した葬議会社と契約を結ばなくても大丈夫です。費用はどのような場合でも無料です。葬儀の事前相談・準備には安心できる葬儀ガイドをご活用なさり、より良い葬儀の準備を整えていただきたいと思います。

安心できる定額葬儀プラン

追加料金は一切不要。わかりやすいプランが皆様に支持されています。

安心できる事前割

申し込みは無料。葬儀を事前にご依頼で

最大100,000円割引

簡単1分で
お申し込みできます

オンラインお申し込み

安心できるご法要

葬儀後の法要も安心できる葬儀ガイドにお任せください。

全ての法事・法要に対応

ご自宅・会館など、どこにでも僧侶を派遣します

一律40,000(税込)

追加料金は一切かかりません

  • お墓はないが法要はして気持ちの整理をつけたい
  • 法事に呼ばれなかったが花だけでも送りたい
  • 葬儀があまり良くなかったので別の業者に依頼したい
  • 法事費用を低く抑えるコツを知りたい
  • 規模は小さくても自宅で心のこもった法要をしたい

お申し込み・お問い合わせは

通話
無料
0800-000-2449

24時間365日受付しています

コンテンツ

お葬式の知識、お葬式のマナー、葬儀社の検索、葬儀場の検索、香典返し、法要、仏壇、墓石、葬儀用語、四国八十八ヶ所巡礼、相続等を葬儀、法要に必要な仏事の情報、知識をイラストで分かり易く説明しております。