葬儀会社ご紹介の運用実績16年!日本で最大級のお葬式情報を網羅する安心と信頼の葬儀情報サイト

サイトマップ会社概要

安心できる葬儀ガイド - 葬儀会社紹介実績16年

用語読みがな意味
はち僧侶の食器でこれを持って乞食修行を行う。
彼岸ひがん春分、秋分の日を中心に前後3日ずつの計7日間をさします。この間に墓参り等をします。
百箇日ひゃっかにち故人が死んで百日目。(参考:百箇日法要=百日目に行う法要)
布施ふせ財施(ざいせ)、法施(ほうせ)、無畏施(むいせ)の三種類がある。最近は僧侶の読経等のお礼としての布施が主とした考えである。
仏華ぶつげご仏前、御霊前に供える花を指す。常に供えている方が良いので紙等で作る事も多い。臭い花、トゲのある花は用いない。いけない事となっているが、本来は心身について精進をつとめる事を言う。
仏飯器ぶっぱんき先祖に供する飯を盛る台。
布 施(ふせ):僧侶への謝礼。
分骨ぶんこつ2カ所に納骨をしたい場合、骨揚げの時に分骨用の骨壺を持っていく。
仏壇ぶつだん祖先を祀る為の仏具。中央に厨子が設置してあり、位 牌、お骨、ご本尊等が祀ってある。宗派により様々な形がある。
報恩講ほうおんこう親鸞の忌日である旧暦11月28日に八日七夜行われる法会。大谷派は11月22日から28日、本願寺派、高田派は1月9日から16日に行われる。
墓誌ぼし墓に祀ってある人の記録が書いてある石。祀ってある故人の没年月日、戒
墓地ぼち墓地には寺院墓地、公営墓地、民営墓地の三種類がある。
払子ほっす筆のように棒の先端に毛を束ねたもので僧侶の使用する道具。
煩悩ぼんのう人の持っている様々な欲望。

葬儀のお役立ち情報

お葬式の知識

葬儀用語辞典

仏教宗派辞典

各種早見表

写経